紅茶の知識


ゴールデンルール・簡易版
 紅茶を美味しくいれるために、「ゴールデンルール」があります。
 ただし、これは「絶対にこの通りに紅茶をいれなくてはいけない」というものではありません。あくまでも「標準的な目安」です。
 ここでは、数あるゴールデンルールの中から「大体こんな感じだろう。」というものをかいつまんで載せています。詳しいルールはこちらをどうぞ。
 
茶葉で淹れる
  1. お湯は水道水から、きちんと沸騰するまで沸かす。目安は五円玉の穴くらいの気泡が出るまで。
  2. ポットに茶葉を入れる。基本は3グラム前後。お好みにより加減。
  3. ポットに沸騰したお湯を注ぐ。茶葉のジャンピングを考えてできるだけ高い位置から。でも沸騰しているので高すぎるとそれなりに危険。
  4. ポットにフタをして蒸らす。蒸らし時間は各茶葉に多分表示されているけれど、お好みにより加減。
  5. ポットを空中で、水平に円を書くようにして優しくまわす。スプーン等で軽くかき混ぜるという説もあるけれど、茶葉の繊維が紅茶に出てしまってイガイガするので、個人的にオススメしません。
ティーバッグで淹れる
  1. お湯については上に同じ。しっかり沸騰させてから。
  2. ティーパックをカップに入れ、お湯を注いだらフタをする。ソーサー付きのカップならソーサーを。そうでないものは小皿か何かで。
  3. 約1分~1分半蒸らす。茶葉の種類やお好みにより加減。
  4. ティーパッグを取る時はスプーンで押したり、絞ったりしない。茶葉の繊維が出るだけでなく、渋みも強くなるので。

 茶葉やティーパックを必要以上に触るのはオススメしませんが、じっと待つより早く抽出されると言えば抽出されます(^^;)イギリスの方では「紐を引っ張ると絞れるティーパック」なるものもありますが・・・おいしいんでしょうかねぇ・・・試した方の報告をお待ちしております。

さらに詳しいゴールデンルールはこちら


このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.