紅茶の知識


日英水道水事情
 イギリスで飲む紅茶は美味しい。日本で飲むのと味が違う。という意見をよく聞きます。
 イギリスでお土産に紅茶を買ってきたんだけど、日本で飲むと美味しくない…
 この違いの秘密はの違いです。イングランドは硬水、日本は軟水です。イングランドの茶葉は硬水に合うようブレンドされたものです。

硬水で紅茶を淹れると・・・
    硬水で紅茶を淹れると、渋みの成分であるタンニンの抽出が抑えられ、味と香りが弱まり逆にコクが出て水色が濃くなります。
 さらに、ミネラル成分とタンニンが結合して紅茶の上に被膜を作り、少々飲むのが不安になるような紅茶が出来上がるようです。
 この被膜は、ミルクを入れると消えてしまいます。
 ですから、イングランドで飲む紅茶はたっぷりの茶葉を使ってミルクと合わせるのに向いています。綺麗な亜麻色のミルクティー。コクがあり、渋みの少ないまろやかな紅茶になるのです。
 脂肪分の多いミルクも、うまみを引き出すのに一役買っています。

 イングランドでミルクティーが飲まれるようになったのは、こうした合理的な背景もあるようです。

軟水で紅茶を淹れると・・・
    これに対して軟水で紅茶を淹れると、紅茶本来の味と香りがストレートに出てきます。綺麗な水色、はっきりとシャープな味と香り、おかげで渋みの成分タンニンもよく出てくるのですが…。
 なので、日本の紅茶はストレートティーを楽しむのに向いています。牛乳も脂肪分が少ないので、イギリスで飲むようなコクのあるミルクティーは期待できません。
 イングランドで買った紅茶に「ティースプーン2杯」と書いてあるからといって日本で同じ分量で淹れても、おそらく美味しく飲めないかと思われます。
 イングランドのゴールデンルールが日本で通用するかと言われれば、そうでもない…というのが、私の意見です。

イギリス=硬水?
    厳密に言えば、イングランドも全てが硬水というわけではありません
 北部の一部…例えば、ピーターラビットで有名な湖水地方、デヴォン州などは軟水です。
 スコットランドも軟水です。
 イギリスの紅茶メーカーには、軟水用にブレンドされた「スコティッシュ・ブレンド」なる紅茶を出している所があります。おそらく、このスコティッシュ・ブレンドの紅茶なら日本に持ち帰っても美味しく飲める……はず。
 でもやっぱり雰囲気のあるティーハウスで外人さんに囲まれて、ブリティッシュ・イングリッシュ聞きながら優雅に過ごすティータイムといつもの居間じゃ違うかも!?
紅茶にあう水は?
硬度、もっと詳しく

このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.