紅茶の知識


紅茶に合うポットを選ぼう
 みなさんは、どんなポットを使っていますか?
 ガラス、金属、陶器、ホーロー・・・素材は色々ありますね。
 それぞれどんな特徴を持っているのか、まとめてみました。
素材別・ポットの特徴
ガラス 長所 温まりやすさはピカイチ。
茶葉の動きや水色がよく見える
見た目が綺麗なので、フルーツ入りの紅茶などはガラスがベストかも。
短所 冷めやすい
丈夫さはやや難。
陶器 長所 もっともポピュラーなポットと言える一品。
買いやすい、種類が豊富、100均でも買える手軽さは◎
温まりやすい
短所 ポピュラーだけれど、注ぎにくいものやジャンピングに適さないものも
多数。
ホーロー 長所 お値段がお手ごろ
ベースが金属なので熱伝導がよく、冷めにくい
短所 金属+ガラスなので、ちょっと温まりにくい。
ベースが金属なので、剥げてしまった場合は紅茶の水色を損ねる
事も。
長所 見た目が豪華絢爛。
温まりやすさと保温性に優れている。
万が一毒を盛られても(そんなことが無いことを祈りますが)安心。
短所 とにかくお値段が高い。
重量があるので、たくさんの紅茶が入った場合は力仕事に。

特徴を生かして
 無難なのはやはり陶器だと思います。
 他のポットはその特徴を生かして、保温用としてホーロー、フルーツティーを作る時にはガラス・・・などの使い方が出来そうです。
 もちろんガラスしか使わなくてもOK。ただし冬場は冷えるので、紅茶の味がイマイチ・・・と思ったら他のポットを試してみてください。


このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.