紅茶の知識


CTC製法って何?
 CRUSH(砕く・押しつぶす)
 TEAR(引きちぎる)
 CURL(丸める)
 の3つの頭文字をとったもので、顆粒のように丸まった茶葉を作るための製法の事を言います。
 これに対して、加工を施さない事をオーソドックス製法と言う事があります。
CTCの特徴
    機械を使って茶葉を細かくして丸めたもので、お湯に触れる表面積がオーソドックス製法に比べて大きいため、色や渋味の抽出が早くなります。
 CTC製法に主に使われるのがアッサムやケニヤなど、渋味が強いものである事が多いようです。

いつ、誰が始めたのか
    CTC機が開発されたのは1930年代、W.マック・カーチャーが考案したと言われています。
 色や味が速く抽出されるというだけではなく、紅茶を作る過程において必要な乾燥・発酵も短時間で済みます。
 カップ1杯分の紅茶を抽出するのに必要な茶葉もオーソドックス茶葉よりも少なくて済むため、大変合理的。
 最近はCTC製法の茶葉が増えてきて、現在では世界の紅茶生産量の半分を超える量がCTC製法になりました。特にケニアは99%と言われるほどCTC製法がさかん。

オーソドックス・CTC製法とは

このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.