紅茶の知識


アイスティーが濁る・・・
 紅茶に氷を浮かべてアイスティーにしようと思ったら紅茶が白く濁っちゃった・・・
 こういう経験はありませんか?
 これはクリームダウンと呼ばれる現象です。
どうして起こる?
    紅茶が冷やされると、紅茶のなかの成分であるタンニンとカフェインが結合し、それが結晶化してしまい白く濁って見えてしまいます。
これは味や香り、身体への影響はないと言われていますが、何よりも見た目が美しくないです。

クリームダウンを防ぐには
    クリームダウンを防ぐには、いくつかの方法があります。
1、タンニンの少ない茶葉を選ぶ。
 ダージリン、キーマンなどタンニンの少ない茶葉を選びましょう。ファーストフラッシュは全体的にタンニンが少ないのでおすすめです。一般的にアールグレイなど、他の香りがついていたり、ハーブが混入しているフレーバーティーはクリームダウンしにくい傾向があるようです。
ディンブラ、キャンディなどのセイロン系もクリームダウンしにくい紅茶として紹介されている所がありますが、私はおすすめしません。特にディンブラ。ゴールデンリングができるという事は、タンニンが多いという事になるので…

2、砂糖を入れる
冷やす前に砂糖を入れると、タンニンとカフェインの間に砂糖の結晶が入り、クリームダウンしにくくなります。絶対にしない、というわけではありませんが、結構抑えられます。

3、オンザロックで冷やす
紅茶を冷やす時、カップに氷を入れておき、その氷の上に熱い紅茶を注ぐとクリームダウンしにくくなります。
急激に冷やされた時はクリームダウンしにくいそうですが、かき混ぜると白濁してしまうという場合もあります。

4、水で割る
アイスティーは大体紅茶を濃く淹れますが、さらにもう少し濃く淹れた紅茶を水で割り、予め紅茶の温度を下げてしまいます。
ゆっくり冷やされるとクリームダウンするのでは?と思うかもしれませんが、水程度の温度ならばクリームダウンしないです。

小技
    クリームダウンしてしまった紅茶にお湯を入れると、ほんの少しですがクリームダウンが解消されます。
 ですが、透明になるというわけではなく、元に戻ってしまいます。

 ・・・気休め感覚で(^^;)

このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.