紅茶の知識


どうしても紅茶が苦くなる時は
 一般的に、紅茶はコーヒーよりも苦いものではありません。
 それでも、コーヒーよりも紅茶の方が「苦い」と思う方もいらっしゃるようです。
 味の好みもありますが、何度入れても紅茶が苦い!もしくはざらざらする、のどがイガイガする・・・そんな紅茶になってしまうのは、原因があるのです。
原因1 茶葉の量が多い
 茶葉の基本は3g前後。でもグラムで言われても・・・と思う方も、っていうか、自分でそう思います。
 私のオススメは、水400mlに対し中スプーン並盛り2杯。
 お好みにより茶葉の量を調整してください。
ただし、水200mlにスプーン1杯の割合だと、お湯が少なくて上手く抽出されない事がありますのでご注意を。

原因2 かき混ぜる・押しつぶす
 私は、かき混ぜるのはNG!派です。
 よほど上手にやらないと、茶葉の繊維を破壊し、その繊維が溶け出して口の中でイガイガする紅茶になってしまいます。
 最初のうちは避けた方が無難。
押しつぶすのは何があってもNGです。
 茶葉を押しつぶす事によって、繊維のイガイガだけでなく、余計な渋味まで出てしまいます。

原因3 抽出時間
 こちらも基本は3分。ダージリンだと5分、と書かれている本もありますが、厳密に言えばファーストフラッシュはあまり蒸らしすぎると苦みを感じやすいです。(明るい水色のものは特に、他の味が全体的に薄いため、苦味だけ引き立ってしまうと思います)
 その茶葉によってベストな抽出時間があるので、経験・・・としか言いようがないのですが(^^;)
 最初に出会う茶葉はとりあえず3分、が良いと思います。

原因4 茶葉の種類
 比較的、セイロンティーの中でもディンブラ・ウヴァは苦い方です。
 ミルクティーと好相性なので、ミルクを入れるか、苦手だったらキャンディやヌワラエリアなどに挑戦してみるのが良いと思います。
 ディンブラ・ウヴァの方がおおむね値段が高いので、「高級品だ」と思いこみ無理に飲もうとするより、美味しいものを選びましょう。
 また、ダージリンやアッサムは、ファーストフラッシュよりオータムナルの方が苦味が強くなります。
 さっきファーストフラッシュは苦いって言ったじゃん!と言われそうですが、抽出時間さえ気をつければファーストフラッシュはとってもまろやかです(^^)

このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.