紅茶の知識


トップ > 紅茶の知識 > よく使われる紅茶用語

よく使われる紅茶用語

 紅茶のサイトや本で登場する用語のうち、基本的なものをピックアップしてみました。
 聞きなれない言葉があったらここでチェック^^

よく使われる紅茶用語
ゴールデンルール
美味しい紅茶を淹れるための方法のこと。
CTC(しーてぃーしー)
紅茶の製法のひとつ。茶葉を丸めて、短時間で濃く抽出できるようにしたもの。
くわしくはこちら参照
産地(さんち)
お茶が採れた場所のこと。インド、スリランカ、アフリカなどがあります。
ジャンピング
お湯の対流によって、ポットの中の茶葉が上下に動くこと。
新鮮な茶葉ほどよくジャンピングすると言われています。
水色(すいしょく)
抽出された紅茶の色合いの事を、水色と書いて「すいしょく」と呼びます。
「水色はオレンジ」と言われたら、紅茶の抽出後の色がオレンジ色だったという意味になります。
セカンドフラッシュ
紅茶の二番茶のこと。
インド産の紅茶につけられ、ほぼダージリンの二番茶のことです。
茶園(ちゃえん)
紅茶葉を作っているところ。
作られた場所によって、同じ種類の紅茶でも味が違ったりします。
是非お気に入りの茶園を見つけてください^^
ファーストフラッシュ
紅茶の一番茶のこと。
インド産の紅茶につけられ、ほぼダージリンの一番茶のことです。
フレーバー
香りのことですが、紅茶の場合、人工的に香りをつけた紅茶(フレーバーティー)をさす事も多いです。



このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.