紅茶の知識


トップ > 紅茶の知識 > 紅茶の作り方と製法

紅茶の作り方と製法

 摘み取られた茶葉は、いくつかの工程を経て紅茶になります。
 紅茶の作り方には2種類の方法があり、完成したときの茶葉の形が違います。
 それは、「オーソドックス製法」と「CTC(シーティーシー)製法」と呼ばれています。

紅茶ができるまで
1.しんなりさせる ~萎凋(いちょう)~
加工しやすいように、生茶葉からある程度水分を抜きます。
2.揉む ~揉捻(じゅうねん)~
しんなりした紅茶を揉みます。茶葉の表面に傷ができ、酸化発酵がすすみます。
紅茶の種類によっては、この後さらに細かく砕く工程が入ることも。
3.発酵する ~発酵(はっこう)~
じっくりと酸化発酵待ち。
4.乾かす ~乾燥(かんそう)~
熱を加えて茶葉から水分を飛ばします。
加熱すると酸化発酵が止まるそうです。

オーソドックス製法
オーソドックス製法の紅茶
オーソドックス製法の茶葉
茶葉の形をとどめる作り方。
昔ながらの製法になります。
茶葉の大きさで等級分けがされるのは、この製法でつくられたものです。

CTC製法
CTC製法の紅茶
CTC製法の茶葉
CTCとは、C(CRUSH:砕く)T(TEAR:引きちぎる)C(CURL:丸める)の頭文字です。
茶葉を細かく砕き、写真のように丸く仕上げる製法です。
CTC茶葉は、短時間で、濃く出せるというのが特徴。
アッサムティーやアフリカ紅茶のほとんどが、このCTC製法によって作られた紅茶だそうです。

CTC製法は劣るか?
紅茶の「質」をどこに求めているかによるかと思います。
CTC製法で作られた紅茶は、おおむね香りが弱い傾向にあるため、香りこそ紅茶の本質!と思っている方には物足りないでしょう。
しかし、CTC製法の特徴は「早く、濃く抽出できる」ことです。
これは、CTC紅茶が持つ個性であり、その個性が最大限に生きる用途はあります。
紅茶はミルクを入れると香りが弱くなるため、香り重視でないCTC茶葉で濃いミルクティーを入れるというのは非常に理にかなっていると思います。


このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.