炎帝・神農
神農さんとは
 人の身体に牛の頭を持つとされる中国の伝説上の神様で、農業と薬草の神様とされている。
 なんでも、毎日野山を駆け回っては草を食み、身体を張って草木の安全性や毒性を確かめた。その時72の毒にあたり、お茶によって危機を免れたという言い伝えがある。
 72回毒に当たってもなお野草を食べ続けるとは、かなりの冒険家。

湯島天神に祭られています
 神農さんは、文京区「湯島天神」に祭られています。
 こちらは牛顔ではなく、人の顔です。