アン女王(1702~14)
グルメ女王・アン
食通・お茶好きで知られるアン女王。お茶好きが高じて特注したという洋ナシ型の銀製ポットは、「クイーンアンスタイル」として現在の紅茶通には有名。
 ポットだけでなく、テーブルウェアなども特注し、ウィンザー城に茶室を作り、日ごと茶を嗜んでいたという。
 そのせいかどうか、アン女王は結構な肥満体。

 ちなみに、アン女王には17人も子供がいて、その全員が死亡するという悲劇の女王でもある。
 寂しさや悲しさを、お茶がいやしてくれたのだろうか。