ピューリタン(清教徒)革命
王の居ないイギリスへ
 当時の王・チャールズ1世が、イギリス議会を無視した政治を行ったのに反発したオリバークロムウェルが、かねてからイングランドに不満を持っていたスコットランドと組んで国王派に反発。
 議会派(クロムウェル)に敗れたチャールズ1世は斬首されてしまう。
 血で血を洗うような争いをしてきたヨーロッパでも、国王の斬首は異常事態。
 このとき、息子チャールズ(後の2世でキャサリン・オブ・ブラガンサと結婚)はスコットランドで即位を宣言しフランスに逃れた。チャールズ2世とルイ14世は仲良く過ごしたらしい。

世界初?「クリスマス中止のお知らせ」
 なんとこの革命、すごい。
ピューリタン教徒の教えに従いとっても質素倹約。
 劇場の閉鎖、数々の娯楽の禁止をはじめ、クリスマスまで禁止!
 当然、クロムウェルは民衆から多大なブーイングを持って迎えられた。