第二次英蘭戦争
ニューアムステルダムの獲得
 1650年、オランダが喫茶文化を伝えたニューアムステルダムが、このときイギリスの手に渡る。その後、この都市はニューヨークと改名され、現在に至る。

 が、この戦いの開始直後、ペスト流行・ロンドン大火という災害に見舞われたイギリスは戦いを有利に進めることが出来ず、航海法の緩和を迫られた。