第一次英蘭戦争
1651年・航海法成立
 チャールズ1世の娘メアリが、オランダ総督オラニエ公に嫁いでいた関係もあり、共和制になるとオランダとイギリスの関係はさらに悪化。
 オランダによる中継貿易を排除し、ロンドン商人の利益を拡大させる事を狙った航海法が成立。
 これにより両国の関係は破綻し、開戦となった。

 この戦争には明確な勝利はなかったけれど、1654年に、イギリス優位の形で講和が結ばれる事になった。

スペイン攻撃~砂糖プランテーションの獲得~
 オランダとの戦争が修了すると、クロムウェルは勢力が弱まっていたスペインに対して攻撃。
 これによってジャマイカなど、西インド諸島のスペイン植民地を奪い取った。
 ここでは砂糖プランテーションが展開されており、これがイギリスの財源となる。