タイトル&写真


紅茶を楽しむ会 スリランカ編
 日本紅茶協会主催の、「紅茶を楽しむ会」スリランカに行ってきました。
 場所も豪華に港区高輪、スリランカ大使館。
 大使館って言うくらいだから、きっと豪華ででかくて屈強な門があって、隣にガードマンが居て、ヤバイ動作をしたら取り押さえられたりするんだろうか・・・最近物騒だし。おお怖い怖い。
 なんて思いながら、のこのこ出かけて行きました。

 が、たどり着いたそこには屈強な門もガードマンも無く、入り口の階段をのぼれば目の前はもうエレベーター。大変失礼ですが古いマンションかと思いました(^^;)
 セミナーは4階のホールで行われますが、広さは高校の教室より一回り狭いかも・・・という、あまり広くない小ホール。そこに80人分のパイプ椅子がきっちりと並べられ、前から順番に、必ずつめて座るように言われます。
 正直、かなり狭いです。拍手しただけで隣の人の腕とぶつかります。
 トイレはありますが、セミナーには休憩時間も無く、座席も狭いので、途中ではまず行けないものと思ったほうが良いかもしれません。
 椅子の上には早速お土産が乗せらていて、座るとインストラクターさんから紅茶とお菓子が配られます。
 私が行った回は「アイスチャイ」+小さいカレーコロッケ?と小さいカレーチャパタ?のようなセットが出ました。
 とっても美味しかったです!!

 まずは開会の挨拶。大使館の方からのご挨拶です。
 本日は、このような会を開いてくださった日本紅茶協会とUCCに感謝・・・から始まり、スリランカで採れる紅茶の種類、茶葉の大きさによる等級区分、高さによる区分の解説など、紅茶の基礎知識的なことまでざっと説明があります。

 その後、スリランカのご紹介ビデオ。10分程度の長さだったと思います。
 紅茶と並ぶスリランカの名産品、宝石で島の形をかたどったものが煌びやかに映されます。
 このビデオは、エアランカ航空という航空会社のVTRに独自の紅茶VTRをミックスしたような感じでした。しかも紅茶VTRはどこかで見覚えが・・・・・・
 あ、そういえばこれ、ブルックボンドの講座でも見なかったっけ?
 ちなみに、この後このビデオからクイズが出題され、正解した方にはプレゼントが送られるようです。
 が、正解した人全員ではありません。挙手をして、紅茶協会の人に当ててもらわないとプレゼントはもらえませんでした。
 これは座席によって結構当たりはずれの差があるかも・・・
 とにかく運です!

 それから、サリーの着かた講座。
 これも、サリーが着たい方に挙手をしてもらい、じゃんけん勝負で勝った2名のみ着ることができるようです。
 とってもきれいなサリー。周りからも「かわいい」「きれい」等のため息が聞こえていました。
 サリー欲しいけど、どこで着るの?という声もちらほら・・・やっぱり着るならここしかない!?

 続いては、シンハリ語のカタコト講座。
 プログラムと一緒に配られるテキストに、「こんにちは」「さようなら」「とっても美味しいです」等の一言挨拶が載っています。
 スペルの隣にカタカナがあるので、難しいことはありません。

 次に、UCCの会社の方からのご挨拶。
 紅茶の歴史についてなど、挨拶と言うより講座のような話が多かったです。

 最後に、日本紅茶協会の方から、おいしい紅茶の淹れ方とバリエーションティーのご紹介。
 スリランカの伝統的なジンジャーティーの淹れ方のご紹介。
 どちらも3分クッキングのような形式で行われて、試飲等はできません。

 全体的な感想として、楽しむ会というより、駆け足の簡単講座だったなぁ・・・という感じがしました(^^;)
 ちなみに、来ている方のほとんどが女性。男性は5人いるかどうかでした。
 男の人は、男性が少ないと行きにくい・・・と思うかもしれませんが、クイズの時手を上げる男性は目立ちます。当ててもらえる確立がアップするかも!?

 さて、気になるお土産の内容は以下の通り
 ・日本紅茶協会特製ポット 白地に「日本紅茶協会」の印刷、1人分。
 ・UCC「霧の紅茶」ティーバック 50袋
 ・UCC「霧の紅茶」期間限定プレミアムウヴァ 100g
 ・UCC[霧の紅茶」テトラティーバック3袋×2個


 他にも、来年1月の特別紅茶研修会の申し込み用紙や、今後の「紅茶を楽しむ会」のご案内、紅茶についての簡単なリーフレットとイベントの案内状などが付いてきます。
 参加費を考えるとかなり盛りだくさん。

 ちなみに、今日の参加でひしひしと思ったことは、「一人で参加って厳しいなぁ~」でした。
 一人は結構寂しいです。できればお友達とどうぞ(^^;)
このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.