タイトル&写真


レピシエダージリンフェスタ 2004年セカンドフラッシュ
 入荷したて!セカンドフラッシュダージリンの飲み比べができます!!
 そんな謳い文句を見たらもう行かずにはいられないでしょう。
 一個人としては、数種類のダージリンを飲み比べたくても、値段と量を考えると数多くは比べられないかと思います。だからこりゃもう夢の企画じゃ~!!

 飲み比べって言っても2~3種類なんじゃないの?
 あの売り場に飲み比べコップみたいなのがあって、オススメ品だけ飲ませていただけるんだろう。と思っていたらこれが嬉しい大間違い!
 なんと、レピシエで入荷したダージリン全部飲めます。
 千駄ヶ谷本店に併設してあるレストランが会場になっていて、まずは入り口で受付を。
 そこで名前・住所となぜか生年月日などの基本情報を入力すると、クッキーをもらってスタート。
 なんと、味や香りを記録できる専用用紙と簡易エンピツも用意してあるという凄さ。
 ほ、本格的なテイスティングだ・・・

 一歩レストランの中に足を踏み入れると、ずらりと並べられたダージリンの山!なんと、全てのダージリンをアイス・ホットの両方で楽しめます!
 中心にどーんと構えるのはアイスティー。
 その隣に、3つのテーブルに分けられて、一つのテーブルに4~5種類のホットダージリンがあります。
 アイスは自分で注いで飲むか、トレイに乗っているのを勝手に取って飲めますが、ホットを飲むには店員さんに「○○お願いします」と言わないと出てきません。
 けっこう混み混みなのでホットを飲むのはタイミングが必要。
 運良く混んでいない瞬間が訪れると、店員さんに茶葉の違いなどについて質問できる機会も訪れます。

 入り口から左のほうに行くと、紅茶の美味しい淹れ方などを教えてくれるコーナー。
 でも気さくな店員の皆さんは、たわいも無い紅茶雑談に気軽に応じてくれます。
 ここでもダージリンの試飲が可能。でもホットのみです。
 店員さんがダージリンに行って来た時の話、好きな紅茶、はまっている味・・・色々聞けて紅茶も飲めるコーナーです。
 そこで聞いてきた話ですが、ダージリンではなんと妊婦さんが急斜面で茶摘をしたり、子供片手に茶摘をしている場面がちらほら見られるそうです。
 冷房も無い炎天下での作業、妊婦さんが急斜面で転んだらどうなるんだろう・・・
 一生懸命摘んでくださる話を聞いて、「うーん。茶葉は最後の最後まで大事にしないと。」という思いを胸に飲む紅茶はまた違った味になる・・・かも?

 さて、みなさんの気になる入荷ダージリンは以下の通り。
キャッスルトン(2940円)
※ロットブレンド品
ティースタバレー(1470円) シントン(1260円)
キャッスルトン(3150円) バラスン(840円) ナムリン(1050円)
ジュンパナ(2730円) タルボ・クローナル(2730円) タルボ(2310円)
マーガレッツホープ(2520円) ピュッタボン(2310円) バラスン(2520円)
ビクトリアズピーク(2100円) リシーハット(1890円) サングマ(2300円)
グームティー(1680円) アリヤ(1470円) ジエル(1470円)
※()内の値段は50g袋入り 全て税込みです。
 これみーんな飲めるんです。ホント夢みたい・・・
 ダージリン・セカンドフラッシュとひとくちに言っても色々な味や香りがあるなぁ・・・という感じ。
 お好みの味を見つけてください(^^)

 このほかに、レピシエ独自のブレンド品「ダージリンセカンドフラッシュ」(50g袋入り1050円)もあります。
 ちなみに、レピシエショップからは夏摘みダージリンテイスティング7種セットが発売されています。
 ○ティースタバレー
 ○シントン
 ○ナムリン
 ○バラスン
 ○グームティー
 ○ジエル
 ○レピシエブレンド「ダージリンセカンドフラッシュ」

 の7種が入って1575円です。思わずテイスティングカップも一緒にお買い上げしてしまいました。

 さて、これだけダージリンが飲めて、クッキーと専用用紙が付いて、一体おいくら?と思ってしまうけれど、な、ななななんと無料!
 やっぱり行くしかないでしょう!!
このページのトップへ
Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.