コラム
19章・オレンジ・ペコ

旅立つ前、Tea Councilを信用していた頃、 Tea Councilのギルドメンバーで、かつロンドンのTimeOut誌にも「美味しいアフタヌーンティーの店」として紹介されている店なら
これはもう超期待、超超期待できるに決まっていると思っていました。

ロンドン中心部からは離れた場所にあります。
近い名所はキュー・ガーデン。
ナショナル・レール「Barnes Bridge」駅徒歩2分という、観光には微妙なポジション。

ここで日本の事を考えてみる。
神保町(TAKANO)は交通の便がいいところだから除外するにしても
オレンジ・ペコは駒込
青い空は千歳船橋
真に美味しいお店というのは、観光地やターミナル駅からは離れているものなのではないか!?

行くしか!
というわけで、Hammersmith駅からバスに乗り込みます。
ロンドンのバスは便利だけど不親切で、次の停車駅が何なのかアナウンスしてくれないそうです。玄人用移動手段ですね。
でも、HammersmithからBarnes Bridge Station駅までは停留所6個。
数えていけば大丈夫♪
と思って乗り込んでみる。

・・・と、しばらく走っているとアレじゃないですか
停留所スルーしてませんか!!?
私が数えてる事なんて知らずにバスはどんどん走り、賑やかだった街がちょっと寂れてきたので心配になって、停まったところで降りてみることに。
ここはどこだ!?と思って停留所の名前を見ると

Barnes Bridge Station

ビバ!!

日ごろ運が悪くても、ここでツイてるなら許す。

それらしき方向にあるいていくと、早速見つけられました。
ORANGE PEKOEさんです。


これはもう、どう見ても美味しい紅茶屋のにおいがプンプンするではありませんか。
レモンケーキと紅茶を頼んで、いただきます(-人-)




・・・・・・・・なんというか、
私は一体何のためにイギリスまできたのでしょう。
そんな味がしました。
レモンケーキは美味しかったです。

紅茶については総括にて詳しく。

<< bakc フィッシュ&チップス  総括・紅茶について next >>

Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.