コラム
12章・トンネルを抜けるとクリッパーがあった

紅茶好きのロンドンといえばここも外せません。
現存する唯一のティークリッパー、カティーサーク号。

・・・2007年5月21日にほぼ全焼。

でも、もともと改修中だったらしく、部品は別の所に運び込まれていたようなので、2010年ごろには再びお姿を見る事ができるようです。
とりあえず、跡地だけでもっ・・・

というわけで、DLRに乗りこんだわけですが、
そのものズバリCutty Sark駅ではなく、テムズ河を渡る前に降りて
徒歩でテムズ河を渡ってきました。
こちら~



グリニッジ・フット・トンネルです。
オープンがなんと1902年というからこれまた古い。
早速潜ってみます。
螺旋階段を延々と降り・・・4階分か5階分くらいはあったような。もっとあったような。
内部がこちら。



これはなんとも自転車向きの通路・・・(ry
って、自転車での走行は禁止ですw
時間にして5分くらいでしょうか。もくもくと歩きます。
なお、上り下りはエレベーターを使う事も出来ます。
この日のように休みでなければ。ですが。

5階分だか6階分だかを今度は延々と登り・・・つ、辛い(;´ρ`) グッタリ
ゼエハア言いながらトンネルから出ると

目の前にカティーサーク・・・の跡地が!!


とても工事中感あふれるお姿でした。
結構大きいのね~。復活が楽しみだわ。

スエズ運河の開通により、登場間もなくして役目を終えたカティーサーク号。
綺麗になった姿に、また会いに行けるといいのですが。

<< bakc 逃げろ!ドックランズ・ライト・レイルウェイ!  経度ゼロ next >>

Copyright(c)2012 Tea for Life All Rights Reserved.